« 古き良き時代の薫り/文翔館 | トップページ | 悠久の風かおる美と伝統のまち角館  »

2007年4月20日 (金)

まさに一目千本桜

桜はとっくに開花したというのに、今までず~っと雨や曇りの日々。

青空をバックに桜を・・・と思っていましたが、1枚も撮れないままにもう2週間です。

でも、今日は快晴!!

白石市方面での仕事を早々に切り上げて、「白石川一目千本桜」の白石川築堤へ。

T__0869

T__0870

T__0875

T__0868

T__0876

白石川一目千本桜は、

仙台から30Kmほど南(福島県寄り)の大河原町と柴田町にまたがる

白石川築堤に植えられたソメイヨシノ群のことです。

阿武隈川支流の白石川の両岸に、

約1,200本の桜が8Kmにもわたり咲き誇る見事な景観は、

毎年多くの花見客の目を楽しませてくれています。

T__0878

T__0881

T__0885

T__0883

T__0887

この日も平日にもかかわらず、大賑わいで、

河川敷の臨時駐車場は車で溢れていました。

遠くに見える蔵王の山々の残雪と満開に咲いたピンクが空の青に映えて、

今日の白石川は最高でした。(写真はいまいちでしたが・・・。風景は難しいです。)

この「一目千本桜」は、

大正時代、当地出身の実業家であった高山開治朗という人の手によって植えられ、

桜の名所100選に選ばれています。

今年の桜は、

開花から10日も経っているのに、まだかなりしっかりしています。

あと数日は大丈夫かも知れませんね。

T__0891

T__0892

T__0889

T__0893

【PENTAX K-10D】

いつもご覧いただきありがとうございます

|

« 古き良き時代の薫り/文翔館 | トップページ | 悠久の風かおる美と伝統のまち角館  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさに一目千本桜:

« 古き良き時代の薫り/文翔館 | トップページ | 悠久の風かおる美と伝統のまち角館  »