« 東北の玄関口【JR仙台駅】 | トップページ | 成田のお不動さん »

2009年11月23日 (月)

霞という名の古城 <山形城>

先週の寒さから一転、この3連休は小春日和となりました。

陽気につられ、

昨日最終回だったNHK大河ドラマ主人公直江兼継の足跡を辿ろうと、

山形へ行ってきました。

米沢がその目的地だったのですが、

山形市内で道草を食ってしまって、とうとう時間切れ。

やむなく山形市内中心部にある霞城(かじょう)公園散策へ切り替えました。

霞城とは、最上氏代々の居城「山形城」の別名です。

関が原合戦の頃、上杉軍を率いる直江兼継が富神山の麓に陣を張り、

霞で覆われた最上11代義光(よしあき)の山形城への攻撃の機会を伺っていましたが、

10日経っても霞が晴れず何も見えなかった・・・・ところから

霞城と呼ばれることになったそうです。

【復元された山形城二の丸東大手門】

T_p1000143

【お堀と桜並木①】

T_p1000148

【二の丸東大手門の櫓】

T_p1000152

【南門跡①】

T_p1000132

【南門跡②】

T_p1000134

【お堀と桜並木②】

T_p1000129

【復元工事中の本丸一文字石垣】

T_p1000138

【旧済生館本館①:明治時代に県立病院として使用された建物です】

T_p1000156

【旧済生館本館①:現在は山形市郷土館として数々の医学資料が展示されています】

T_p1000158

【公園内の紅葉①】                 

T_p1000122

【公園内の紅葉②】

T_p1000141

お堀に囲まれたこの霞城公園は、山形城本丸祉を中心に野球場、

体育館、野外音楽堂、博物館などが配置された広大な多目的公園として

市民に広く利用されています。

お堀端の桜が見事な花を付ける頃に、もう一度訪れてみようと思います。

今日のアルバムはこちら「霞城公園」

ブログランキング参加中。クリックで応援お願いします。⇒にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

|

« 東北の玄関口【JR仙台駅】 | トップページ | 成田のお不動さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞という名の古城 <山形城>:

« 東北の玄関口【JR仙台駅】 | トップページ | 成田のお不動さん »